読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKYO SHAREHOUSE GIRL

東京暮らし4年目、シェアハウス3軒目。日々の暮らしを書いています。

「東京で働いてみる」ということ

 

あなたは東京で働いてみたいですか?

 

私は、30過ぎてから東京に出てきました。

もともと上京したかったから。とか、絶対東京に住んでやる!とか、そんな気持ちは20代の頃には、ほとんどありませんでした。

 

それなのに、何故東京で働いて、東京で住んでいるのか?

 

しかも、もう4年目に突入です。

 

私自身は、愛知県生まれで、名古屋で一人暮らししていたりしていました。その後、リゾートバイト生活で転々とし、色々な所に住み込みで働いていました。愛知は、日本の真ん中ですから、色んなところへ行きやすく、東京も大阪もどっちも行けるという感じで、便利だと思っていました。

 

名古屋も住んだし、関西も住んだ。次は関東かなという軽い気持ちで、東京にやってきてしまいました。

 

東京での就職・転職活動ってどうすればいいの?

 

今、求人はたくさんあります。職種を選ばなければ、すぐ就職できると思います。

私は、好きな仕事をしようと思っていたので、アルバイトで好きなことを探しました。正社員になる気持ちがまったくなかったので、やりたいことがやりたかったのです。

 

実家から東京の会社に履歴書を送っていましたが、「すぐ面接!」となると、なかなか行けません。「すぐ採用」したいから、人材がほしいから、雇ってもらえることができませんでした。

 

電話で断られることが多かったです。

 

では、どうしたらいいのでしょうか。

  

先に東京に住んでしまおう!!

 

東京に住んで東京で働く!【TokyoDive】

 

東京の住所があれば、仕事はすぐ決まる!と思い、仕事を決めずに東京に出てきました。

 

正直、とっても不安でした。

「来月、収入がない。」ということは、本当に心配でした。

 

しかし、求人はたくさんありました。

 

とにかく、自分に引っかかったものに応募してみました。

 

即採用になったアルバイ

 

アルバイトは、すぐ決まりました。

 

一安心です。

 

住む場所も決まって、働く場所も決まった。これで何とかなる。

見知らぬ土地で、新しい出会いが待っている。